本当に必要なものだけ残す

理由がわからないものは捨てる

なぜ購入したのか、保管していたのかわからないものがあると思います。
それらは、すべて捨ててください、
箱に入れて、様々なものを収納しようと考えている人が多いでしょう。
しかしものが多いと、箱に全て入り切らなくなってしまいます。
結局ものが出しっぱなしになるので、ずっと汚い環境になります。

掃除する時に長い時間が掛かってしまうので、効率が悪いです。
すばやく掃除を終わらせられるように、余計なものを処分してください。
たくさんものがある家庭は、必要なものと不必要なものを分別する作業から行ってください。
改めて考えると、いらないと感じるものが多いかもしれません。
もったいないかもしれませんが、残していたって意味がないので捨てましょう。

半年以内に使っていない

残しておくべきか、捨てるべきか迷ったら最後に使用した日を思い出してください。
それが半年よりも前だったら、今後も使用する機械は少ないでしょうから捨ててください。
案外捨てても困りません。
必要かもしれないと思って保管していると、一向に片付きません。
頻繁に使うもの以外は、捨ててもいいと思います。

家族のものは、きちんと家族に聞いてから処分しましょう。
本当は必要なものだったのに勝手に捨てると、トラブルが起こってしまいます。
たくさんのものがあっても、家族みんなで取り組むことで早く片付けが終わるでしょう。
それからいくつか箱を用意して、必要なものを収納してください。
基本的に出しっぱなしにしないで、しまうことを心がけてください。